新宿区立障害者福祉センターでボランティア活動をさせていただいてる理由

「当協会が、
ボランティアでお世話になっている
新宿区立障害者福祉センター職員の
塩川さんにインタビューをさせて頂きました」

────────────────────────

私たちは、毎月、2ヶ所の福祉施設で
ヘッドセラピーのボランティア活動を行っています。
●新宿区立障害者福祉センターの生活介護事業所
https://www.headtherapy.com/181128/
●同法人の知的障害者向けグループホーム
https://www.headtherapy.com/news/181207/

今回、ボランティアのご要望を頂いた
障害者福祉センターの職員である
塩川恵子さんに、リラクゼーションや、
ヘッドセラピーの必要性について、
お話しを伺いました。
どうぞご覧ください。

────────────────────────

【新宿区立障害者福祉センターの生活介護事業所では】

身体障がいの方で、
脳性麻痺の方々が多いんです。

脳性麻痺の方の特徴として、
身体が、無意識に緊張で硬直して
勝手に体が動いてしまったり、
段々と骨が変形し、
姿勢が丸まってきます。

例えば、
若い頃は、歩ける方も
歳をとるにしたがい、
緊張で足が硬くなって、
内股に変形し、徐々に歩けなくなり、
車いすになる方も、多くいます。

生活は、電動車いすで移動するので、
首から下が動きづらい方は、
首の動きで電動車いすの装置を
操作するしかありません。

パソコン作業も頭を動かして
キーボードを操作するしかなく、
首に負担が掛かってしまいます。

なので、頸椎を痛めるという
二次障がいが起きてしまいます。

頸椎を痛めてしまうと・・・

首が動かせなくなる

電動車いすが操作できなくなる

手動の車いすになる

行きたい所へも、
自分で自由に行くことが出来なる

車いすを押す介助がないと
生活が出来なくなってしまいます。

車いすに乗っている姿勢を
長く取っていると、早い時期に
この状況になってしまいます。

そこで、
リラクゼーションや
ストレッチ、
リハビリが、
重要になってくるんです。

これをやることによって、
障害の進行や、
二次障がいが起きることを
遅らせることが出来ます。

みんな、自立して暮らしたい!

『長い間、歩いていられる』
『電動車いすで移動できる』

そういう気持ちは、みんな同じなので、
自分の出来ることを、身体の動きを
維持していきたいと、思っています。

また、脳性麻痺の方々は
リラックスしたいなと思っても、
介助がないと、横になれなかったりします。

リラックスすることも、環境を整えてあげないと
難しいんです。

なので、施設のプログラムの1つとして
リラックスタイムの時間を設けています。

マットに横になってもらい
ストレッチする時間を作ってきました。

今までは、
●本を読む
●音楽を流す
●寝る
ということしか、
出来ていませんでした。

だから、
『人の手でリラックスする』
ことが出来ればと思っていて・・・

わたしも、
何度かヘッドセラピーの施術を受けて
ゆったりと優しい圧が、とても気持ち良かったので、
ヘッドセラピーがいいなと思って
日本ヘッドセラピー協会さんに、
施設でのボランティアの活動を
お願いしました!!

────────────────────────

【同法人の知的障害者向けグループホームでは】

現在、二人の方にヘッドセラピーの
施術をして頂いています。

こちらでは、身体は元気だけれども
自閉症だったり、知的の障がいがあって
リラックスの仕方が分からない方です。

特に自閉傾向のある方は、
一番苦手なのが自由時間です。

何をやっていいか分からないと、
パニックを起こして、
叫んでしまったり、
走り回ってしまう方がいます。

やることをこちらで作るのですが
感覚が過敏で、
環境など全てが気になってしまうんです。

仕事が目の前にあれば、全部やるし、
朝から晩まで、常に体に力を入れて
動いている状態なんです。

なので、
夜の眠りも浅い方が多く
ちょっとした物音で起きてしまう。

例えば、乾燥機の音が鳴ると、気になり、
洗濯物をたたまなくてはいられなくなってしまう。

常に24時間アンテナを張ってる状態で、
とても疲れてしまうんです。
疲れて、それでパニックが起きてしまう。

自閉傾向のある方は、
あえてリラックスする時間を作らないと、
休めないと思うんです。

グループホームでヘッドセラピーを
お願いしたいと思ったのは、
落ち着くんじゃないかなと思ったんです。

感覚が過敏でずっと動いているので、
●安らぐ場
●落ち着ける場

それをヘッドセラピーなら
作れるのではないかと思いました。

それと、以前にとても過敏な
自閉症の方がいたんです。

触れられるのが苦手で、
人から触られると、ワ―ッて怒って、
人を叩いてしまう方がいたんです。

その方の落ち着いている時に、
頭を触ってあげたら、
スーッとすぐに寝たりとか、
落ち着いて身を任せてくたんです。

そのことがあって
ヘッドセラピーの施術を
うちで是非お願いできたらと思って
日本ヘッドセラピー協会さんに
相談させて頂きました。

利用者の方へのヘッドセラピーは
勿論ですが、スタッフも時々、
体験させて頂く機会があり、
皆からも、大変喜ばれています。

いつもボランティアにお越しいただき、
遠方からお越し下さる方もいて、
ヘッドセラピストの皆さん、
いつも本当にありがとうございます。

当施設での
リラクゼーションプログラムとして
ヘッドセラピーの導入は、
障害を持つ方や、
他の施設での取り組みなどに、
色々な方にとって可能性があると思います。

この情報が、皆さんのお役に立てば幸いです。

新宿区立障害者福祉センターの職員である
塩川恵子さんより

────────────────────────

塩川さん、インタビューにお答えくださり
ありがとうございます。
私たちもボランティア活動を通して
得る物がたくさんあります。

これからも、癒しの一助になれるよう
一緒に歩んで下さい。

メールマガジンを購読します

深い癒しを自由に提供することができるヒトになる。
最新情報をお届けします!

<トピックス>

ヘッドセラピーを受けたい方へ
旭化成労働組合東京支部様にて、ヘッドセラピーセルフケアセミナーを開催しました
自治体・企業・法人団体のご担当者へ、ストレスケア研修・セミナーのご案内
損保ジャパン日本興亜

開催一覧

お申込みはこちら
頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門  
あんしん賠償補償制度  
ヘッドセラピー福祉ボランティア募集  
代表の西川聡がヨコハマトリエンナーレ2017の映像作品に出演しました

日本ヘッドセラピー協会公式Facebook