日本ヘッドセラピー協会

お陰様で2005年(平成17年)より、頭と心の癒しを発明して以来、ヘッドセラピーを日本及び海外に教え伝え、本年5月で14年目を迎えることが出来ました。

今後も、頭のリラクゼーション全般を対象として幅広いニーズに応え、ヘッドセラピーの普及と、幅広い分野での教育啓蒙を目指し、尽力して参ります。

令和元年十月末日
日本ヘッドセラピー協会
代表理事 西川聡

協会概要

照らす人になる(ロゴに込めた想い)
一般社団法人日本ヘッドセラピー協会ロゴ

灯台は、いつも同じ場所にどっしりと構え、360度、照らし続けます。灯台が、一番必要とされるのは、荒れた夜の海の時。「港はここにある」と教え続けるために光を照らします。

不安の中にある船にとって「港は近くにある」と教え続ける「ともし火」であり、「希望の灯り」です。「希望」とは「光」が見えることです。

当協会に携わった全ての人が、身近な人たちにとって、灯台のような役目となり、あなたに逢うと心が「軽くなる」「暖かくなる」「安心する」と思われる存在になって頂きたいという願いが込められています。

理念
未来を照らす
こころを大切にする

VISION
半径5m以内の人を幸せにする

私たちが目指すこと
まず自分自身のこころを大切に扱い、労れるように。そして、余裕やゆとりが出来た時、半径5mの人たちに、その次は友人・知人の順番で、癒しの波紋を広げ、幸せを分かち合うこと。
私たち人間は、たくさんの人に携わっていく中で、人の役に立ちたい、社会に貢献したいと思う生き物です。
それは、自分だけの幸福ではなく、周りにも良い影響を与えたいという、人がもっている素晴らしい力だと思います。
そのためには、まずは自分自身のこころを労われるように、守れるようになることが第一歩目のスタート地点です。
自分のこころを大切に労われる人が、周りに健全な影響を及ぼし、本当の意味で家族や他人様を大切に労われる人なのだと思います。
自分を基点にして、思いやりのある行動を「波紋」のように広げていくことが、きっと、素敵な人間へと成長させてくれる。
まず自分自身のこころを大切に扱い、労れるように。そして、余裕やゆとりが出来た時、半径5mの人たち、その次は友人・知人の順番で、癒しの波紋を広げていくこと。

灯台の写真

協会名 一般社団法人日本ヘッドセラピー協会(旧:JHMA日本ヘッドセラピーマスター協会)
代表理事 西川聡
理事 吉井りょうすけ(株式会社ワコルダー 代表取締役)
設立目的
  • ヘッドセラピーの知識と技術を普及
  • エンパシティック®ヘッドセラピストの育成
設立年 2005年5月(社団法人化:2016年6月)
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2-3階
TEL 03-5228-3885

認定証書は、一般社団法人日本ヘッドセラピー協会で発行されます。

ヘッドセラピー通心(公式ブログ)
https://www.headtherapy.com/category/blog/

役員

西川聡(にしかわそう)代表理事 西川 聡 (にしかわそう)
ヘッドセラピーの第一人者・頭の専門家・理容師

1976年元旦生まれ 和歌山県和歌山市出身。
半径5m以内の人に癒しを届けられる人を増やすため、ヘッドセラピーの深い癒しを教え伝えている人。

製薬会社で動物に関わる仕事の経験を経て、理容師となり、名門ホテル店に勤務。ヘアケアだけでなく、頭へのマッサージ、癒しの提供を大切にした結果、政治家、上場企業経営者など多くの顧客に支持される。15,000人以上の頭を癒した経験から人の生き方や思考が頭に宿る「頭は心の反射区」という真理に辿り着く。頭への適切な癒しが、ストレスを解消することに気づき、研究開始。心を癒すセラピーとして、全国にファンを持つ。

2005年5月1日、日本初となるヘッドマッサージ専門サロンとしてHEADMA(ヘッドマ)を創業。独自のジャンルを築いたパイオニアとして、理論と技術を2,000人以上に指導。講師の元から「頭への癒し」が日本に広がる。

難病の妹を亡くした経験から、「半径5m以内の人に“安らぎ”と“安心感”を届ける」ことを使命として、その真髄を教え伝えている。
モットーは「頭に和みと安らぎを、心に誇りと優しさを」

著書は12,000部発行『頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門』(マイナビ)がある

<西川聡 著書>12,000部発行
『頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門』
(マイナビ出版)【2012年単行本/2015年文庫本】

頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門

ヘッドセラピー入門の詳細はこちら

<依頼公演>
●企業
旭化成 労働組合東京支部
損保ジャパン日本興亜労働組合東京本部分会
ブリジストン 労働組合東京支部
スタジオ・ヨギー「ビューティーフェスタ2010」
株式会社ハルメク様(旧:いきいき株式会社)
医療法人きずな会さめじまボンディングクリニック
映画配給会社のスクール事業にてヘッドセラピー講座の立ち上げ・監修協力

●行政関係
社会福祉法人板橋区社会福祉協議会
埼玉県日進小学校 等

自治体・企業・法人団体のご担当者へ、ストレスケア研修・セミナーのご案内

<メディア出演・掲載(一部)>
毎日新聞国際展ヨコハマトリエンナーレ2017、週刊SPA!、Tarzan、婦人公論、いきいき、R25、FYTTE、セラピスト、AllAbout三井住友海上様の災害対策コンテンツ、保険会社労働組合新聞 他多数連載

メディア掲載・出演(一部)


理事長日記より 「半径5mの人を癒したいと思う全ての人に」

理事長メッセージ


吉井りょうすけ

顧問理事 吉井 りょうすけ
ブランディング部門担当

経営コンサルタント/意識の成長 研究家

早稲田大学卒コンサルティング会社に入社。コンサルタントとして、総合電機業界や外資製薬メーカーなど担当。

当時の専門は、営業とマネジメント。「フォーチュン500」に掲載される企業や、「ビジョナリー・カンパニー」に掲載されるグローバル企業をクライアントとして持ち、営業戦略立案、経営層を育成するためのサクセッションプラン作成など、さまざまなプロジェクトを成功させる。

コンサルティング会社 株式会社アルマック 入社
27歳の若さで、最高マーケティング責任者(CMO:Chief Marketing Officer)就任。

自社の収益を高める責任を負うと同時に、コンサルタントを兼任し、起業家や中小企業の社長へセミナー・コンサルティングを行う。セミナーは、毎回満席になり、指導した結果、数日でWebからの収益が増える企業など多数。

2007年 株式会社ワコルダー 創業 代表取締役就任

「いい会社を作る」「もてる力を最大限に発揮して、可能性を追求する」ための経営理論「あたえる経営」を提唱。既存の経営理論をふまえた上で、枠に囚われない形で、ビジネスモデル構築からマーケティング戦略の立案、ブランド作り、マネジメント・システムの構築まで、経営コンサルティングを行う。クライアントには、グローバル展開する大企業から、地域で愛され成功する小さな会社までさまざま。クライアントからは、ゼロからはじめてグローバル展開する企業も生まれる。

プライベートでは、2人の女の子の父親。娘のためにも、多くのクライアントのためにも、「お客さんも、スタッフも自分も、「人」を大切にして成功している会社」「可能性を追求して、仕事で自分を表現する経営者」を増やしたい、それが使命と考えている。

<出版>
ノウハウを学んでいるのに、なぜ儲からないのか?」(クロスメディア出版)
「場づくりリーダーシップ」(PHP出版)
<ウェブサイト>
http://www.wacholder.jp

【推薦の言葉】
日本中、世界中に癒しを広げるという西川さんの志に、共感しました。経営の面から、しっかりサポートさせていただきます。

社会貢献に取組んでいます

私たちは、ヘッドセラピーがリラックスや安心感を届ける一助となると信じ、このボランティア活動をしています。

◆当協会は、現在2つの施設で3つのボランティア活動を行っています。

●東京都新宿区立の障がい者福祉センター
●同法人の知的障がい者向けグループホーム


メディア掲載(一部)・外部講演・企業研修

毎日新聞様(全国版)のくらしナビ・ライフスタイルページ1面(2017.8.29)セルフケア法をご紹介

国際展ヨコハマトリエンナーレ2017映像出演

横浜トリエンナーレ2017の映像作品に理事長が出演しました

●外部講演
さめじまボンディングクリニックにて

医療関係者の方向けのヘッドセラピーセミナーご報告2

スタジオヨギー様にて

ビューティー・ペルヴィスのkyo先生主催スタジオ・ヨギー「ビューティーフェスタ2010」でセルフヘッドセラピー講座を100名を対象に講演

bnr_2013samejima

●雑誌記事の執筆・取材など
毎日新聞、週刊SPA!、Tarzan、婦人公論、いきいき、FYTTE、セラピスト、AllAboutなど、他多数連載

メディア出演・掲載
ハイブリッド型総合書店「honto」にて、西川聡の著書「頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門」が紹介されました。代表の西川聡が、国内大手キッチンバスメーカー「トクラス」の取材をうけました

沿革

2005年5月
ヘッドマッサージ専門サロンHEADMA(ヘッドマ)創業
ヘッドマッサージのスクール事業開始
ヘッドスパ専門店の店舗作りのアドバイスやメニュー開発に携わる

2006年
週刊SPA! 即効[疲労撃退スポット]極楽ガイド「ヘッドセラピストの究極マッサージ」
ヘッドセラピストという言葉が、初めてメディアでお披露目される

2007年
ブリジストン労働組合東京支部(50名)でヘッドセラピー講座開催

2009年
「All About(オールアバウト)」で “総理大臣も愛したカリスマヘッドセラピスト”
世界初“頭の癒しと心の癒しの関係”を説いた「頭は心の反射区®」発表
映画配給会社のスクール事業の立ち上げに参加・ヘッドセラピースクール監修
「体の内から美しく丁寧に暮らす」をコンセプトにした『ilmair』で講座開催
女性のライフスタイルを提案する「verita(ヴェリタ)」掲載
BAY-FM田中美里さんのラジオ「MORNING CRUISIN’」出演
ハワイ(ホノルル)でヘッドセラピー講座開催

2010年
JHMA日本ヘッドセラピーマスター協会設立(前身)
ビューティー・ペルヴィスkyo先生主催スタジオ・ヨギー「ビューティーフェスタ2010」講演(110名様満員御礼)
「YOMIURI ONLINE (大手小町)」『”頭から若返る”アンチエイジング法』掲載

2011年
雑誌いきいきのコラム連載開始
東京FM 新・家元制度の前田出先生のラジオ番組「0から1を生む力」出演

2012年
『頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門』 マイナビ出版より発売
30~40代の男性117名に『頭髪及び頭皮に関する実験・調査』実施。朝日新聞サイトに掲載
いきいき(株)様ショールームで講演
モバイルサイト『ココロネ』9月セルフケア記事掲載

2013年
埼玉県鴻巣市「さめじまボンディングクリニック」医療関係者に講演
TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』出演
ファッション誌「BLENDA」10月号コラム掲載

2014年
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様の会報誌コラム連載
WEB版「R25(アールニジュウゴ)」にて、3週コラム連載
<第1弾> ”頭皮に嬉しい1日”の過ごし方は?
<第2弾> 【プロ流】 頭皮のためのシャンプー術
<第3弾> 【プロ流】 明日のための頭皮マッサージ術
栃木県発達障害者通所授産施設でヘッドセラピーボランティア

2015年
ヘッドセラピー入門【マイナビ出版】増版、及び電子書籍化決定
婦人公論(8/11号)コラム掲載

2016年
一般社団法人日本ヘッドセラピー協会設立
雑誌Tarzan703号全4P記事掲載
社会福祉法人板橋区社会福祉協議会でストレスケア研修

2017年
毎日新聞・朝刊 2017年8月29日(火)のくらし面(全国版)1面掲載
現代アートの国際展(ヨコハマトリエンナーレ2017)映像出演
旭化成労働組合東京支部様でセルフケア講座4回開催
損害保険ジャパン日本興亜労働組合でセルフケア講座開催
(続く)

登録商標

  • HEADMA(ヘッドマ)
  • ヘッドマスター
  • 足は体の反射区、頭は心の反射区
  • 頭は心の反射区
  • ホームヘッドセラピスト
  • ホームケアヘッドセラピスト
  • ホームケアヘッドセラピー
  • ホームケアヘッドマッサージ
  • 日本ヘッドセラピー協会
  • エンパシティック

協会の選び方

参考までに
6年程前より、ヘッドマッサージのブームを迎えており、資格認定を謳う協会が濫立し、インターネット上では様々な情報が溢れ、どこで資格を取得すればいいのか判断できない状況になりました。
ここでは、「どこで資格を取得すればいいの?」と迷われている方に向けて、資格発行する協会の選び方として、参考にして下さい。(当協会で資格取得をしていただくことを目的としたものではありません)

協会の選び方
その協会は、存在意義や使命を持っているでしょうか?

受講後のフォロー体制が整っていますか?そのための活動を誠実に行っていますか?

教えてもらったことを実際にやってみるとその通りには、出来るまで鍛錬が必須です。こういう時はどうしたら良いのかと思うことが出てきた時、フォローアップのある仕組み(復習会・勉強会・再受講等)があると大変助かります。

聞こえの良い言葉や数字に惑わされない
ホームページに載せていることは、真実かは分かりません。そこで、その協会が携わる本、施術、講座などを体感して見極めてください。

何故、あなたは資格を取得するのですか?
「なぜ、その資格を取得するのか?」を考えることは、協会を選ぶ上で非常に重要です。
技術や知識だけでなく、幅広く活躍できる取り組みを提供している協会を選ぶと良いと思います。

 

よくある質問

【講座に関するQ&A】

Q:知識がまったくなくても、ヘッドセラピスト前期課程は無理なく受講可能ですか?
A:初心者の方でもヘッドセラピスト前期課程から受講頂けるカリキュラム内容となっており、実際に受講される方は、半分以上が初心者です。

Q:ホームケア、ヘッドセラピスト前期課程ともに課題提出で認定となっていますが、課題とはどのような内容でしょうか?
A:座学のみではなく、技術練習が必要なために課題があります。受講後、お伝えした技術を練習しカルテを取る課題で、難しいものではありません。

Q:ヘッドセラピスト前期課程を受けるには、その前にホームケア講座を受ける必要がありますか?
A:初心者の方は、ホームケアヘッドセラピー講座から受講いただくと、ヘッドセラピスト前期課程を、余裕を持って受講いただけます。但し、初心者の方でもへッドセラピスト前期課程からご参加いただける内容になっておりますので安心してご参加してください。

注意

施術のお仕事をされている方は、ヘッドセラピスト前期課程からご受講ください。ホームケアヘッドセラピー講座では、仕事で使用したい方の質問等、これまでも混乱を招きました。そのような質問は、ヘッドセラピスト前期課程でお答えします。どうぞご理解ください。

Q:開催日は何週目とか決まってるんですか?
A:開催は曜日が重ならないように、平日と土日祝のバランスを考え設定しています。

Q:受講生は女性が多そうに思います。私は男性なので、雰囲気に付いていけるどうか少し不安ではあります。
A:5割が体に触れるお仕事の方、5割が初心者の方です。また9割が女性、1割が男性です。
きっと一生の仲間ができるはずです。是非安心して受講ください。

Q:マッサージは高価な道具やオイルなどを使うのでしょうか?
A:道具は一切使わず、自分の手で人を癒していくのがヘッドセラピーです。着替えることもなく、水もオイルも使わない施術で安全で効果のある施術をお伝えしています。

Q:手のひらに汗をかきやすいのですが問題ないでしょうか?
A:手汗は緊張から来ていることが多いと思いますが、まず技術者自身が気持ち良くなる施術をお伝えしています。また、リラックスして受講頂けるように努めております。

Q:素人でもOKですか?
A:もちろん大丈夫です。じっくりと学びたい方はセルフケア講座、ブラッシング講座、ホームケア講座から学んで下さい。

Q:へッドセラピスト前期課程を受けると、一通り人に施術できるようになるのでしょうか?
A:はい。ヘッドセラピスト前期課程(2日間)は、ヘッドセラピーの基本をしっかりと学びます。ヘッドセラピスト後期課程(3日間)では、ヘッドセラピーの真髄を学びます。

Q:ヘッドセラピーとヘッドマッサージは同じ意味を指しているのでしょうか?
A:協会の視点から述べます。ヘッドマッサージは、頭の筋肉をもみほぐすことを目的に作られました。圧は、グッとくるような強めなのが特徴で、リズムもとても速いです。ヘッドセラピーは、頭は心の反射区®であるという定義の元、やさしい圧とゆらぎのリズムで、脳脊髄周りを癒すことを目的につくられました。その人を深く癒すことを目指しており、寄り添い、信頼し、応援し、支援するセラピーです。代表の西川聡が、難病の家族を癒してきたこともあり、人を癒すには、ヘッドマッサージではなく、ヘッドセラピーでなければならないという真理に辿り着きました。

Q:頭だけでなく、肩や首も行いますか?
A:ヘッドセラピスト前期課程では、頭だけではなく、首、肩を癒す技術を習得します。ヘッドセラピスト後期課程では、脳周り、脊髄周り、首、肩、腕を癒す技術を習得します。

Q:モデルの同伴などは必要でしょうか。
A:必要ありません。受講生同士でペアを組み、学んでいきます。また、多くの頭に触れ、お互いの情報を交換する時間も大切にしています。またペアも何回か変わります。少人数製で、講師が手に手を取り、丁寧にお伝えすています。

Q:私は何の予備知識もないのですが・・・?
A:受講生の半分の方が初心者です。おすすめは、代表理事の西川聡の書籍である「頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門」をお読みいただくと、講座を余裕をもって受講できます。

Q:こちらのヘッドセラピーは顔のリフトアップは期待できますか?
A:やはり頭皮と顔を分けて考えられませんので、ヘッドセラピーはリフトアップ・小顔効果・美肌に効果があります。特に、側頭部の技術が肝になるため、そのあたりもお伝えします。

Q:仕事でアロマセラピーをしています。ヘッドマッサージは自己流でやっていますが、こちらの講座は施術者はさほど力を入れなくてもよさそうな事が書かれていたのですが?
A:ヘッドセラピーを習得すると、70代になっても続けていけます。ボディーワークやリフレクソロジーのように、力が必要な技術ではありません。指を痛めたり、疲れる技術はお伝えしていません。筋肉の奥を感じ取り、面でとらえる技術と点でとらえる技術を学び、筋膜をストレッチしたり、血流を良くするための、300gの力加減を身に付けます。ずっと続けて行ける技術です。

Q:メールで質問することはできますか?
A:講座についてのご質問は事務局で承っておりますが、個別のご質問・ご相談や技術に対する内容は、詳しい事情など細かな情報を伺わなければきちんとしたお答えが出せませんので、受講後のフォローアップを定期的に、東京・大阪・福岡・沖縄などで開催し、正確な情報をお伝えしております。私たちはフォロー講座を大切にしています。

Q:同じような協会がありますが、関係はありますか?ホームページを見ていると、すごく似ているのですが・・・
A:ヘッドセラピーの発祥として、2005年より多くの方に伝えてきました。残念ながら、同じような協会名、講座名、ネーミング、言い回しの協会は存在します。だからこそ、常に最新技術と理論を磨いて向上し続けていくことに努めています。

【申込みに関するQ&A】

Q:振込みの領収書は発行されますか?
A:お振込時に金融機関などが発行する「ご利用明細」が正式の領収書(払込証明)としてご利用いただけます。(ネットバンキングによるオンライン振込みの際にも同様です)
そのため、弊社からあらためて領収書(払込証明)を発行することは行っておりません。
領収書(払込証明)が必要な方は「払込金受領証」を大切に保管してください。

協会事務局

一般社団法人日本ヘッドセラピー協会
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2-3階

講座のご案内

 

メールマガジンを購読します

深い癒しを自由に届けることができる人になる。
最新情報をお届けします!

お申込みはこちら

<トピックス>

ヘッドセラピーを受けたい方へ
旭化成労働組合東京支部様にて、ヘッドセラピーセルフケアセミナーを開催しました
自治体・企業・法人団体のご担当者へ、ストレスケア研修・セミナーのご案内
損保ジャパン日本興亜

頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門  
あんしん賠償補償制度  
ヘッドセラピー福祉ボランティア募集  
代表の西川聡がヨコハマトリエンナーレ2017の映像作品に出演しました

日本ヘッドセラピー協会公式Facebook