現代アートの国際展ヨコハマトリエンナーレ2017(赤レンガ倉庫〜11月5日迄)の映像作品に理事長が出演中

現代アートの国際展 ヨコハマトリエンナーレ2017
〜「接続」と「孤立」をテーマに、世界のいまを考える〜

開催期間:2017年8月4日(金)〜11月5日(日)
展示会場:横浜赤レンガ倉庫

トリエンナーレ(伊:triennale)は、3年に
一度開かれる国際美術展覧会のことです。

このトリエンナーレの赤レンガ倉庫にある
映像作品には、日本を代表する
6名の施術家が選ばれました。

あなたも一度は、下記の中の本を見たことが
あるかもしれません。
経絡リンパや官足法等は、有名ですね。

●経絡リンパマッサージ
●忍者マッサージ
●官足法
●禅マッサージ
●腎臓マッサージ
●ヘッドセラピー

これらが順に上映されています。
ヘッドセラピーだけで、全体で9分位の作品です。

本来、技術を突き詰めると、とてもシンプルで、
姿かたちが、美しくなっていきます。

ヘッドセラピーも見た目も立ち姿も、
とてもシンプルで、静かで、美しいものです。

「技術」と「芸術」は異なるものではなく、
同じ道に融合されていくものだと思うのです。

今回、世界的に活躍されている
ドイツ在住のアーティスト
クリスチャン・ヤンコフスキー氏からの
ご依頼で、「Massage Masters」
に、代表の西川聡とプロヘッドセラピスト
2名が出演いたしました。

クリスチャン・ヤンコフスキー氏は、
日本が、戦後二度目のオリンピックを前に、
「再活性化」する状況にあると捉え、
公共彫刻に「気の流れ」をよくすることを
本作の目的としています。

この作品を通して、普段生活している違う
世界への橋渡しのきっかけとなるアートの
可能性を追及しています。

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/highlight/index.html
https://www.ymm21.jp/database/detail/post-66.html

国際的なイベントで、次回は3年後です。
もう放映が終了しますから、興味のある方はぜひ、
横浜の赤レンガ倉庫に足を運んでくださいね!

\

【撮影前に、クリスチャン・ヤンコフスキー氏と
スカイプで打ち合わせをした際に、今回の作品で
一番大切にしたいことは何か、お話しを伺いました】

クリスチャン・ヤンコフスキー氏)

彫刻とマッサージという組み合わせは新しい試みです。

私の作品では、アートと普段関係が遠い方達と
共同作業を行うことが多いのですが、今回は、
マッサージセラピストの方々と挑戦してみたいと
思って始めました。

マッサージとアートの世界がどういうふうに
交わるかを、やってみたいと思ったのです。

映像を見た人は、かもめハープの彫刻が、
映像を見る前と、見た後では全く違う風に
見えると思います。
そういう作用が起こればいい。

現在のアートの動向とも関わる話ですが、
何かしらそこにコミュニケーションが生まれたり、
言葉じゃなくても、受容したり、与えたりといった
ことに、可能性があると思っているので、今回は
彫刻を起点にエネルギーの交換といったような
ことが出来たらと思っています。

また、マッサージマスターのみなさんが、彫刻の前に
立った時に何を感じたかということを、そのまま映像に
入れ込みたいと思っています。

いつも作品をつくるときは、ただ私のアイデアを
実現するのではなく、色んな人が入り込んでくることに
どんどん動かされていくようなところがあります。

ヘッドセラピーをする際、相手に合わせるということでしたが、
彫刻に対しても同じようにやっていただきたい。

これはハリウッド映画ではないので、撮影に関しても事前に
作り込むのではなく、その場で感じことや、ある種の
ドキュメンタリーのような感じを大事にしたいと思っています。

例えば昔は、火、風、水といったように人間の生活はもっと
シンプルだったでしょう。
現在は、分野があまりにも細分化され、ひとつひとつが
尖って行き過ぎて、ゆえに離れてしまっている部分が
あると思うので、宗教とか、今回のマッサージ、アート、
彫刻とか、そういったものを今回のプロジェクトをきっかけに、
繋ぎあわせたり、重なり合わせることができればと思っています。

私はイメージを扱っている映像作家です。ものを書いたり、
宗教・哲学的な活動をするのではなく、イメージの可能性に
かけたいと思っています。

それを見た人が自分なりの解釈ができるという点がいいと
思っています。
面白いと思ってもいいし、つまらないと思ってもいい。

その幅に可能性があるのではないか、と思い作品を制作しています。
今回は「マッサージ」や「彫刻」といった色々な要素が
すでにあるので、そこから面白いつながりをつくれたらと思っています。

■撮影のメイキング映像はこちら(2分35秒)

*****************************
芸術イベント:ヨコハマトリエンナーレ 2017
開催期間:2017年8月4日(金)~11月5日(日)
アーティスト:クリスチャン・ヤンコフスキー
作品名:Massage Masters(マッサージ・マスターズ)
展示会場:横浜赤レンガ倉庫1号館
http://www.yokohamatriennale.jp/2017/index.html 
*****************************


【撮影後に、受けたインタビューをまとめました】

問1)

マッサージと芸術で、つながりを感じるところは何ですか?

西川)

マッサージと芸術が、共通するのは、自由であるというところ。

どちちも自由からはじまって、自由で終わる。

囚われないで、感じるところからはじまって、
感じるところで終わる。

型にはめるのではなく、まずは共感をし、尊重し、感じ・・・

マッサージも芸術も、共通していると思います。

問2)

癒しとは何ですか?

西川)

まず相手の人を共感することと、
肯定することからはじまる行為だと思います。

それがスタートで、ひと時の安らぎと安心感を
届ける時間をお互いが共有することが癒しだと思います。

問3)

現在、2000 人以上の方にヘッドセラピーを
教えこられましたが、教育とは、どのようなことですか?

西川)

幸せの価値観を、みんなと共有するということです。
今、 私が感じる幸せの感覚を、多くの人に伝えたくて。
それを受け取った人は、それを周りの人たちに伝えていく。
それが教育だと思います。

問4)

創り上げて来られたヘッドセラピーで、
一番大切にされていることは何ですか?

西川)

自分本意ではないということが大切です。
相手がいて、ヘッドセラピーとういう素材があって、
それを相手の方に合わせて調合してい くこと。

なぜかというと、職業で人に触れる仕事をされている方でも、
人に丁寧に触れるとうことが出来ていない人が結構多いんです。

誰もが、赤ちゃんの頭は、丁寧に触りますが。

人が人の頭に触っているということをちゃんと理解していないと、
癒しは起こらな い。それが基本にあって、その後に技術がついてくる。

まずは最初に、丁寧に人に関わること。
その次に、癒し方の技術の順番があります。

この流れが、お互いが幸せな時間をつくるになる。
みんなに治療家になって欲しい訳ではなく、
ひとを癒せる人になって欲しい。それが 私が広めたいことです。

メールマガジンを購読します

癒しと幸せを創り出せるひとを目指す。最新情報をお届けします。

お申込みはこちら

【身近な人を癒したい方へ】魔法のブラッシングで楽しく癒す〈皆様、受講頂けます〉

ひとに触れる初級クラス〈皆様、受講頂けます〉

ヘッドセラピー+アルファの講座<当協会の受講者(どのクラスでもOK)がご参加できます>

ヘッドセラピーの真髄を究める<認定資格をお持ちの方を対象とした講座>

プロヘッドセラピスト認定講座【4日講座】

ヘッドセラピーを教え伝える

ヘッドマスター(講師)養成講座【2日講座】
  • 詳細は決まり次第、発表いたします。

<トピックス>

頭皮マッサージで心と体を癒すヘッドセラピー入門
活躍する卒業生インタビュー
ヘッドセラピーを受けたい方へ
理事長メッセージ
旭化成労働組合東京支部様にて、ヘッドセラピーセルフケアセミナーを開催しました
自治体・企業・法人団体のご担当者へ、ストレスケア研修・セミナーのご案内

日本ヘッドセラピー協会公式Facebook